未来に思考の基準を置く【苫米地式コーチング】

未来に思考の基準を置く人は、未来を先見し、そのイメージをはっきり持っているので、ゴールに動き出していることを想定して行動しています。

その結果、ゲシュタルトが有効に働き、スコトーマが外れ、RASを働かせ、必要な情報が流れ込むようになります。

そしてイメージ通りの未来に自分を導くことが出来ます。

未来志向でゴールを設定し、アファメーションを書き、ビジュアライゼーションを行うことはマインドの内側に、有意義で継続的な変化を生む出すのです。