無意識に嘘は通用しない【苫米地式コーチング】

ネガティブな情動記憶から逃れ、ビジネスを発展させ、収益を増やし、新たな人脈を開拓するために必要なのは、セルフイメージを高めることです。

もちろん、現状と同じイメージを描いては、セルフイメージを変えることは出来ません。

しかし、無理に作ったイメージでは用をなさないのも事実です。

なぜなら、「有能な人」「いい人」を演じても、あなたの無意識はそれを見抜き、想像力を発揮して元に戻ろうとするからです。無意識に嘘は通用しないのです。

それでも、大半の人は、自覚のないまま「有能な人」「いい人」を演じています。ありのままの自分を知られることを恐れている、というのがその理由です。

それが、現代人に特有のストレスにつながっているとも思います。

自分を隠す為に「有能な人」「いい人」を演じることほどストレスの多いことはないからです。

あなたに必要なことは、演じるのではなく、セルフイメージを変えることです。ストレスを生むこともありませんし、むしろリラックスして継続できるのです。