ねばならない事をしてはいけない【苫米地式コーチング】

あなたは疑問に思うかもしれません。「ねばならないことをしなくてはいけない時もあるはずだ。ねばならないことをしてはいけないとはどういう意味なのか」と。

会社に勤めていれば、「ねばならない」で行っている仕事はたくさんあるでしょう。しかし、注意してください。仕事を強制されている、やらされている、とあなたが自身が考えるとしたら、それは自分でセルフ・エスティームを下げることになります。

セルフ・エスティームとは、自尊心のこと、正確には自分のポジションに対する自己評価のことです。セルフ・エスティームが傷ついたあなたは、潜在能力を大きく低下させています。なぜなら、あなたの無意識に「自分には選択の余地がない」「自分には大した価値がない」というメッセージが刷り込まれるからです。

こうした無意識への刷り込みは、徐々にではあっても非常に強いメッセージとして、あなたに影響を与え続けます。一方、モチベーションという視点で考えても、「ねばならない」で仕事をすることには大きな問題が潜んでいます。