自分には価値がある【苫米地式コーチング】

潜在能力を上げる方法はいろいろありますが、単純かつ強力な方法があります。それは、「自分は優れている」と自分の価値を認めることです。

子供のころから、「自分に謙虚になりなさい」としつけられた人の大半は、賞賛されても「自分はまだまだ未熟です」などと受け答えするのが当たり前になっています。

ところが、こうした言葉や行動は、あなたの能力の発達にとって、実は大きな妨げになっています。謙虚な言動をするたびに、あなたは自分を「大したことない人間だ」と記憶し、本来の自分よりも低いセルフイメージを作ってしまうからです。

たとえば、注目を浴びている経営者と、ある機会に知り合ったとします。あなたが自分を大したことがない人間だと思っていれば、対等な気持ちで自信を持って話をすることは出来ません。

自分は価値のある人間だという強い気持ちがあれば、どんなに格上とされる相手に対しても、あなたは話したいことを率直に話すことが出来るでしょう。

すると、相手もそれにしっかり答えてくれますから、少なくても人間的な結びつきをしっかりと築くきっかけが生まれます。